HOME > コラム > 車椅子遠距離移動 以外にスムース

コラム

車椅子遠距離移動 以外にスムース

2016年4月15日

事情により 車椅子生活の義父を、東京から長岡まで移送することになった

心配は?

1・移送用の車椅子をどうするか?東京で入院している、病院の車椅子は使えません。

2・新幹線に乗るまでどうすれば良いのか、降りるときはどうすれば良いのか。

全て解決!

移送用の車椅子は知人が経営している介護用品の店から軽量の物を借用、とても軽くて操作性も良く助かりました。

東京の病院から東京駅までは親切な介護タクシーで移動、病室から駅の待合室まで運転手にすべてお任せ!IMG_0574

 

 

車椅子専用待合室の中は広くてきれいです、トイレも広くて使いやすく義父は大変喜んでいました。
IMG_0581
待合室のインターホンで連絡すると「上越新幹線の何時何分発の列車に乗車される・・・・・さんですね?、何分にお迎えに行きますので、それまでは待合室でおくつろぎください」との事。

実は、長岡駅で切符を購入した際に、長岡駅が東京駅に連絡してくれるんです!!!

時間になると駅員さんが迎えに来て、通路 改札 エレベーターとスムースに誘導して下さり、乗車のための渡し版を設置します。東京駅ホーム

おかげさまで何のトラブルもなくスムースに乗車完了!
2階建ての”MAXとき”でしたので1車両の一部にあるフラット車両に予約しました。座席がABとCDと4席のみなので、通路が広く車椅子にはもってこいです!車椅子は畳んで、端っこの席の裏に置けました。

コーヒーを飲んだり、駅弁を食べていると、あっという間の長岡です。
長岡駅でもホームで駅員さんが待機しており、渡し板を設置し、なんと中迄入って来て、車椅子を押してくださいました。
IMG_0585
そして、エレベーターを降りると「おトイレはいかがですか?」との声かけ。義父は行きたいとの事で入りましたが、長岡駅の新幹線乗り場内の介護用トイレは最近改装されたそうで、こちらも快適な用足しだったようです!

あとは、予約しておいた介護タクシーに乗って目的施設へ・・・・・。

とにかく、すべてが初体験のことでしたので、不安だらけでしたけどJR東日本の連係プレーの素晴らしさに助けて頂きました
感謝感謝です!

ページの先頭へ